合コンは”戦場”!心理学を駆使して勝てるためのノウハウを紹介!〜目立ったもん勝ち?〜

シェアする

今日は、女性向けの合コンでの“闘い方”についてお話したいと思います。

Ad

合コンは闘いだ、ただし、心理戦

合コンというと、まさに男と女の“闘い”というイメージが強いですよね。私は個人的にはあまり好まないのですが、日本における出会いの場としてとても重要なものとなっています。場合によっては中学生でも合コンしているという話を聞きますので、日本の文化のひとつと言っていいかもしれないですね。

さて、そんな合コンですが、いわゆる必勝法というのはありません。なにせ、こちらはこちらでお友達やら先輩後輩という「仲間」なのか「敵」なのかよくわからないメンバーとの兼ね合いがあり、相手は相手で同じ状態。

もし意中の人を見つけても、「先輩が狙ってそうだし、、、」とか、その人が「友達に目を付けてるっぽいなー、、」とかそういうさまざまな“うごめき”の中で会が進行していきます。

もう、デスノートの「L」「キラ」の心理戦がごとく相手の心のウチ、お仲間の心のウチを読み続けなくては勝てない闘いです。

攻めたもん勝ち

今回お伝えしたいこと。それは、とにかく攻めた人が勝利しやすいのが合コンだということです。

多くの女性はこれを言うとこう言います。

「ガッツいたら引かれるじゃん」

と。

違います。そもそもの前提を思い出して下さい。

そこは、合コン会場ですよ。男女が、異性を“ハント”しに来ているのですよ。「いい女はいねが〜〜」ってよだれたらしながら男たちがやってきているのです。男たちも“女性側だってそうである”と思っています。

繰り返します。

男たちも“女性側だってそうである”と思っています。

もちろん、男性は性欲の塊です。セックスしたくてセックスできる相手を漁りに来ているというケースも少なくありません。というか、純粋なピュア100%の気持ちで彼女を探しに来ているというケースの方が少ないかもしれません。

しかし、女性側が彼氏を見つけに来ている以上、彼氏を見つけるために闘って下さい。

例え、男性が性欲100%でその場にいたとしても、“あなたを彼女にしたい!”と思わせられれば「勝ち」なのですから。

そして、そのためには、「どんどん攻める」ことが重要なのです。

もう一度だけ、男は女性もハントに来ていると思ています
くどいですけど、これが本当に重要なのです。

男性はある意味こう言う時本当に単純です。自分がしていることは相手もそうだと思うのです。

自分がHしたい相手を探していれば、相手だって別にその日のウチにホテルに行くことを悪く思っていないだろう。そんな風にふつーーーに考えているのがオスなのです。

そんな時に、「いやぁ、私は普通に楽しくお食事できたらいいかなって思ってるだけなんで」なんて言わないで下さい。男は、「は?何言ってんの?何しに来たの?ばかなの?死ぬの?」って思います。

本心では、いい男いないかなーと思って来ているのに、カマトトぶって、こういう風に言う女性、結構多いですが、これはダメです。自分はそんな、、、奥ゆかしい女性なのよ?アピールはわかります。しかし、ここは戦場だということを思い出して下さい。

大前提として、男が女を、女が男をGETしに来ている場所なのです。

逆に言うと、その気が無いならなんでここにいるの?ということになるのです。

そこそこ美人だったり、いい女でも、戦闘意思のない女性はそっこーで除外されてしまいます。

どう攻めるか

さて、前置きみたいなのが長くなってしまいましたが、ここからはテクのご紹介です。

攻める気持ちになっていただけたと仮定して。

1. とりわけ作業は誰にも譲るな

まぁ、ベタですけど、サラダとかオードブルとか、じゃんじゃん取り分けて下さい。自陣から「しゃしゃりでんなし」と思われても無視してどんどん取り分けましょう。

理由として、「気立てのいい女性」をアピールできるから?とほとんどの人がいいますが、違います。

男性に戦意を見せつける目的です。

言えば、宣戦布告ですね。「やーやーわれこそはーーーー」のヤツです。

あたし、今日はバッチリ目立つ気満々よ!とアピールすると男性は自然とその女性を「今日お近づきになる女性候補」に入れる物。逆にただ座って“受け身”でいる女性には、「あれ、この子は今日は数合わせで来たのかな?」という様な“戦意のない人”という印象を与えます。

2. 連絡先は絶対自分から聞くな、すぐに教えるな

男は女に対して優位に立ちたいのです。あなたから連絡先を渡すなんて絶対ダメです。

「お、こいつ俺に気があるじゃん、ヤレる♡」

と思われて終わりです。

また、「連絡先交換しようよ」と言われてすぐホイホイ教えるのも、ダメです。同じく、男性に主導権を握らせてしまいます。「連絡先交換→メールが来る→お開き後誘いが来る→乗る→GETしたったwwちょろいww」という流れになるのです。

3. モリモリ食え

食べるという行為は性行為と等しいと言いますよね。

むしゃむしゃ食べる姿は、実は男性をムラムラさせるのです。

もちろん、“無意識の中”でそうなるので、男性は勃起したり、「ああーこいつ抱きてー」と自覚はしません。

サブリミナル効果の様にジワジワ体の中でうずく感じです。

しかし、それにより、「あれ、俺、なんかこの子にすごく注意が行ってるな?」というイメージを持たせられます。何故か分からないけど、この子に興味があるっぽい、好きなのかな?と思わせられるのです。

当然、汚く食べるのはダメですけどね。キレイに、でもガツガツいっぱい食べましょう。

まとめです

  • 合コンは戦場だ
  • どんどん攻めろ、目立て
  • 簡単にヤれる女と思われるな
  • 潜在意識に語りかけるセックスアピール、食うで落とせ

まとめるとこんな感じですね。

とはいえ、男はやっぱりアホなので、見た目でまず差が出ます。あなたが意中の相手にとって好みの見た目じゃないなら、出だしで負けています。それはどうしようもありません。逆に言うと、好みの見た目だったら、今回の話は結構無視してもいいかもしれないくらいのアドバンテージがあります。

ですが、合コンに行くとなった以上、闘って来て下さい。

こちらだって、中身がわからない段階で「お♡イケメンはっけーん♡」ってなるでしょう?男女ってそんなモンです。

イケメンなだけか、中身も良さそうなのか、金持ちっぽいからいいのか、どんな下心があってもいいですが、女が男を落としたかったら、今回のお話、ちょっと頭に入れて挑んでみて下さい。

最後に、「じゃあ、連絡先どーすんのよーーー?」と思ってる人、多いですよね?

意中の人が見つかったら、会がお開きになる時に、みんながなんとなく束で立っている感じのときなどに、そっと、こっそり「○○君だけ」と言ってメルアド(うーん今ならLINEでもいいのかな?)を渡して下さい。

これの理由についてはまた今度お話します。

Ad

シェアする