結婚できない女性の特徴8選!あてはまっている女性はいろいろ考えてみる必要があるかも!!

シェアする

以前、完全無料の相談サイトを3名の有志でやっていたことがあるのですが、そのうち1人は現在「結婚コンサルタント」として活躍しています。

実はご自身未婚の30代なのですが、プロとして数千人の悩める女性を結婚へと導いていらっしゃいます。

そんな彼女から聞いた、「この人が結婚できなくて悩んでいるのはわかる」と思ってしまった女性の共通点8選を紹介してみたいと思います。

Ad

1. 元々モテGIRLだった

一番わかりやすいのがこれだと思いました。

学生時代や20代前半までにとってもモテた女性。

え、モテるってことは美人なんでしょ?なんで?と思ったあなたは注意が必要かも。

モテる女性って、若い頃からチヤホヤされていて、特に苦労なく意中の男性だったりイケメンを落としてきました。付き合うという形でなくてもお食事に誘われたり、そしてその際のお会計も男性が持つのが当然という生活が染み付いています。

そんな栄光時代がマヒを生み、自分磨きを怠ったり、そういうモテライフをやめたくないという思いから、固定の人と付き合って、将来への組み立てをするということをせずに年をとって行くというパターンが多いようです。

男って若い女が好きですよ、やっぱり。

だから、10代とか、20代前半のピチピチ時代はそりゃ、美形ならチヤホヤもてはやしますよ。

しかし、女性が若さや美貌だけでもてはやされるのも25くらいまでではないでしょうか?

その間、遊びまわって、男を利用することに慣れきってきた女性は、急にモテ度合いが下がります。

しかし、過去の栄光にしがみついてしまって、多くの女性が「現実問題」捨てなければならない理想とか諸々を受け入れているのに対して、何も捨てたくない、捨てられない、という状態に陥ってしまっているのです。

最近では「美魔女」とかいう変な言葉もありますが、いつまでも外見の美貌だけにしがみついて、それだけで戦おうとしているアラサー以上の女性がいたなら、考え方を変えないと、失敗する可能性がとても高いというお話です。

2. 隙のない女

男って、「女を守りたい」もんなんですよね。

つまり、自分より弱い存在であって欲しいんです。

これは男性が持つ、「保護欲求」とか「制服欲求」という心理からくる作用なのですが、女性の中には、いわゆる”できる女”で、家事でも仕事でも趣味にも何でもかんでも、完璧にこなして、付け入る”隙”がない人っていますよね?

最近の言葉で言うと、「意識高い系女子」なんでしょうか?

とにかく、なんでも自分でできるし、男の助けなんか必要ない、っていう女性です。

こうなっちゃうと、男が近づくきっかけもないし、守りたいという本能的欲求を満たせそうにないので、近づこうとも思えない対象になっちゃうんですよね。

職場や学校にいませんか?

「なんだよこいつ」

って感じで鈍くさかったり、ドジっ子、抜けてる子ってキャラの女性。

女子からしたらイラつく場合もありますが、実は、男性はこういう子の方が好きになったり、守って、一緒にいたいな、って思えるんですよ。

よって、なんでもこなせるできる女性は女性からの憧れかも知れない反面、根気が遅れる、もしくは結婚できないという可能性が高いのです。

3. 経済力がある女

2番と近いのですが、経済的に自立した女性も結婚できない女性候補です。

日本では一昔前だと、女性は結婚すれば仕事をせず、専業主婦になるのが当然でした。

だから、女性たちは高学歴を目指さないし、なんなら大学行くより家事を覚える方がいいと思っていたかも知れません。

それに対して最近は女性の社会進出が促進されて、社会的立場の向上が進んでいますね。

その結果、「できる女性」、そして、経済的に自立した女性が増えました。

経済的に自立するには、やっぱりそれなりの時間仕事に費やすことになりますが、「仕事人間」というほどでなくても専業主婦を目指していた女性よりは恋や婚活に使う時間が少なく、そして、経済的に自立しているので焦りもありません。

「独身女性が買ってはいけないものランキング」1位は常にマンションなのですが、それは、家を買ってしまうと、完全に経済的い自立していて、男いらずの人生が始まってしまうからです。

自分で家まで購入できることは自尊心を高め、幸福かも知れませんが、一方で男性を頼り、共に歩もうという心理が薄れ、なんなら面倒とさえ思ってしまいます。

結果、結婚に対する条件や理想がずれていき、結婚に結びつきにくくなるのですね。

4. 受け身な性格の女

続いては性格面の問題です。

基本的に日本の女性は受け身ですし、それでいいと思います。

しかし、ずっと「待ち」でいいかと言われると、そうでもありません。

「人は見た目が9割」という本もありますが、多くの男性は女性に好意を持つきっかけを「外見」と答えていて、そうなってくると、美人だけが勝てる仕組みになってしまいます。

もしあなたが絶世の美女なら、「待ち」でもいいのかも知れませんが、そうでないなら、やっぱり”狩り”に出る必要性はあって、特に社会人になったら出会いの機会が激減するのでじっと待っているだけではそもそもの出会いすらなくなってしまいます。

出会わなければ、恋も結婚もあり得ません。

1番のモテ経験があるような女性でも、20代後半以降、待ち姿勢でいると、誘いも減るし、婚期は遠のくばかりと言われています。もしあなたがそんなモテ経験がないルックスも普通かそれ以下という女性なら、自分から積極的に出ていかなければ、結婚できなくなるかも知れません。

5. 性格が暗い女

4番に近く、類似する話ですが、積極性以前に、性格が暗い女は、結婚が遠いです。

ましな表現をすると、「おとなしい」女性とも言えますが、多くの男性は、「愛想の悪い」女性という評価をしますし、そんな女と結婚したくないです。

デートをしていても楽しいのかどうかわからない。

つまりは一緒にて楽しくない。

結果、結婚しても幸せになるイメージが全くできないと、男性は思います。

性格を全否定したり、まるっきり変えろという話ではありませんが、もし自分が暗い人間かなーと思うなら、少し明るくなれるよう考え、必要があればトレーニングなどして明るい女性になれる方が、結婚できる可能性は上がるかな、と思います。

6. わがままな女

性格面でもうひとパターン。

わがまま、自己中女は結婚できません。

最初の方に出た、モテる女やできる女にこの傾向が強い場合もあるのでオーバーラップする部分もありますが、モテる女は若いころ、好き放題やりたい放題でも通用してきた実績、経験からそういう性格が身に染み付いてしまいます。

ちょっとめちゃぶりしても男は言いなりだよね、的な。

しかし、劣化が始まったいい年の女がそんなわがまま放題で、誰が結婚したいか?

子育てのことも考える様な「結婚」という世界に、自己中わがまま女は不要ですよね?

できる女もそうです。

仕事ができるので、職場でも「女王」なことは少なくありませんし、自尊心が強く、プライドも強いのでなんでも思い通りになると勘違いしています。

こんな女も「結婚相手」には誰も欲しがりません。

プライドが高いのは素晴らしいことだし、自分に自信があるのもそう。

しかし、それと、「自我を抑制できる」こととか、「品格」を持っていることは別です。

結婚は、赤の他人と生活するという世界です。

いくらモテ経験があっても、仕事ができても、相手があることだということを自覚しなくては、結婚は遠いかも知れません。

7. ルックスが良くない

人間見た目だけじゃないとはいえ、見た目は大事です。

ルックスがいい人は得ですし、結婚するのに有利です。

それは女性だって、できればイケメンと結婚したいはずですから、同じことでしょう。

そして、顔が美しくないならまだいいですが、太っている人はさらなるハンデですね。

男性が持つ本能的感覚の中に、太っている女性=妊娠している、と思うというものがあるのですが、これ、男からすると、「他の男の子供を身ごもっている」というふうに無意識で思っちゃうらしいのですね。

だから、見た目が好みでないというのも当然ありますが、それ以外にも、他の男のものかも知れないという心理から、恋愛対象から外れるのです。

じゃあ、アフリカとかで太い女性がモテるって話は?って思いますかね?

あれは、同じ思考ではあるものの、太いと、妊娠している→俺の子も妊娠させられる、という思考にあちらではなるからなんですね。

あちらでは、女性の価値は「何人産めるか?」だそうで、「妊娠できそうなか体」が求められているということです。

もちろん日本でも妊娠できる女性かどうかは大事ですが、他の男のイメージがつきまとうのはNG。そして、先進国では、「太っている=不健康」ですし、「自分に甘い人」というレッテルも貼られるので、進んで結婚相手にしたくはないですね。

自分に甘い人という認識は多くの場合であてはまっていますよね?

もし太っているという人は軽い運動からでもいいので始めましょう。

そういう行動に移れる精神が、めぐりめぐって体、そして表情、心と心が触れ合うシーンで活きてくると思います。

8. 理想が高い

ラストのこれも、色々オーバーラップすることが多いですが、自分に自信がある女性、つまりモテ経験があったり見た目に自信があったり、仕事ができる女性は結婚に対する理想が高い傾向があります。

もちろん、「何様よお前」みたいな醜悪な見た目の女性がありえない高い理想を口にすることもありますが、男性はおぞましい現実として、そして笑い話としてみています。

ネットでよく晒されている女性

逆にいうと、見た目がそんなにでも、現実を理解して、結婚に大事なことを理解している女性は、早くに結婚し、幸せを掴んでいます。

理想を持つのは素晴らしいことですが、「現実」も理解していなくては、結婚できなくて当然かも知れません。

まとめ

いかがでしょうか?

書いていて、自分が男性であることからくる偏見や先入観、自分の好みの問題などが入らないか気になって仕方なかったのですが、結婚コンサルタント業の中から見つけたという8項目について、彼女のコメントを踏まえながら私なりにまとめてみました。

いくつかオーバーラップする部分もあるので、もっとシンプルにまとめることもできたかとは思いますが、一応今回は8選ということでお送りしました!

思い当たるところなどあればコメントいただければ幸いです!