7年の恋が冷めた!ある「会員カード」がどうしても許せなかった!

シェアする

こんにちは。エルです。

今日ご紹介する「1000年の恋も冷めた」ストーリーは賛否両論呼ぶんじゃないかなー?と思う話ですので、ご意見聞けたらなーと思います。

Ad

7年の片思い

今日の主人公は「ユイナさん」(24)。

化粧品会社に勤めるどこにでもOL(本人談)さんは、高校時代からある男性に片思いしていたそうです。

当時家庭教師をしてくれていた3つ年上の先生(ヒロシさん)に恋していたユイナさんですが、想いを伝えることはなく高校を卒業。大学生になってからも連絡は取り合っていたものの、自分が地元を離れたので会うことは滅多になかったそうです。

自分にも彼氏ができたり、相手も彼女がいたり、という感じで大学の4年が過ぎ、就職を前に実家に帰った時、就職の話をしていたこともあって、「お祝いしよう」とヒロシさんからお誘いが。

その時に”何か”あったわけではなく、普通に食事を楽しみ、別れたそうです。

当時ユイナさんには彼氏がおり、自分のヒロシさんへの想いを再確認するも、一線を越える願望はなかったと言います。

しかし、それを機に二人の連絡を取り合うペースは上がり、そこから電話をする頻度も増え、彼氏がいたにも関わらず、ユイナさんはヒロシさんとの電話やLINEで彼氏との時間以上の幸せを感じていたそうです。

浮気?

彼氏が知ったらいい気はしないでしょうね?

7年越しの恋実ってお付き合いに

そして!

3つ上のヒロシさんが転勤で自分の家から30分ほどのところに引っ越してきたのがこの4月のことで、そこから二人の距離が急接近。

ユイナさんはその時フリーだったそうですが、ヒロシさんは彼女さんを地元に残して、、という状況だったのですぐに付き合うというイメージは湧かなかったそうですが、純粋に嬉しく思い、4月、5月は週2ペースで会ったそうです。

そんなある日、彼が普段は酔わないのにお酒に酔ってしまったそうで、それまでお互いの家にいくということはなかった中、初めて彼を介抱しながら彼の家に上がったそうです。

そうなるともう、止まりません。

結果最後まではしなかったそうですが、男女としての仲が急接近し、そのまま泊まった翌朝、正式に「付き合おう」となったそうです。

初めてのホテルで事件が!

その後、正式にカップルとなっての初デートの日。

一般的なデートを楽しんだ後、二人は自然とホテルへ。

お互い良く知った街でのデートだったのでどこにホテルがあるかは何となくわかるもの同士でしたが、どのホテルにするか?という相談なくヒロシさんに付いていく形ユイナさんはホテルに入ったそうですが、その時点で不満を持っていたそうなのです。

なぜかと言うと、「このホテルに来たことがあるんだよね?誰と?元カノ?」という心理が働いたからでした。

しかし、普通に(?)ことを済まし、帰りに精算となった時入ったときの不満が爆発する光景を目にしたとか。

それが、「会員カード」。

そう、ヒロシさんがこのホテルを利用したことがあったのは事実で、割引やポイントのために会員になっていたのです。

精算の時にスーッと会員カードを出した彼を見て、ホテルを出てすぐ問い詰めたそうです。

「あなた慣れてるよね!」

「私でこのホテル連れ込むの何人目?」

と。

賛否分かれるポイントとは?

結局嫉妬に似た状態で喧嘩になり、二人は別れたそうですが、この出来事に対する反応として、「わかるわかる」か、「え、怒る?」と言うものがあると思います。

ヒロシさんが会員であったことや過去に同じホテルに来たことがあるのは付き合う前です。

彼に彼女がいると言う話もユイナさんは知っていました。

浮気ではありません。

でも、ユイナさん的には、「ホテルの会員カードを持っている」ことや、「行きつけのようなホテルがある」ことが1000年の恋も冷める要素だったようです。

あなたならどうですか?

お付き合いしていて、しかもその相手は7年好きだった人。

すでに行為もしたことがある関係で、初めてのホテル。

その精算に会員カードが登場すること、「めっちゃうれしい!」はないとしても、気になりますか?別れるほどですか?

ご意見いただけたら勉強になります!