大人気ないの極みで一気に冷めた話

シェアする

こんばんは、エルです。

「1000年の恋も冷めた」系エピソードは豊富に持っているので、ここでも色々紹介しようかと思うのですが、今回の登場人物はこの二人です。

  • ユータさん(30歳)
  • エイコさん(23歳)

二人は合コンで知り合ったそうですが、年の差が7つあるものの、意気投合、エイコさんはうっすら恋心を抱いていたそうです。

Ad

2年間片思い

合コン当初、エイコさんが学生で就活真っ只中だったので、恋心が大きくなる一方、現実問題会える機会が少なく、大きな進展なきまま、知り合って2年弱がすぎていました。

2年の片思い。。。

社会人1年目が終わる頃、社会人生活も慣れてきて、心に余裕ができたので、勇気を振り絞ってユータさんに遊ぼうと誘ったエイコさん。

ユータさんから、野球観戦デートを提案されました。

初デートは東京ドームで!

エイコさんは高校時代野球部マネージャーをしていたこともあり、野球が好きで、読売ジャイアンツのファンでした。

ユータさんも元高校球児だったと言う点も二人が意気投合したポイントの一つだったこともあり、初デートに東京ドームというのはエイコさんも嬉しく感じたそうです。

外野席で観戦。

ドキドキしながら、試合を見ていました。

ある時、ファールボールが自分たちの方に飛んできたそうです。

大人気ない行動に冷めた!

その時です!

ボールが飛んできたら危ない!と思っていたエイコさんの横で、隣にいた小学生くらいの男の子に覆い被さる様にしてボールを追いかけている彼が!!

結局誰もボールをキャッチできず座席下に転がったのですが、

それを小学生を体当たりでどかすかの様に掻き分けながら追いかけた彼にエイコさんはドン引き。

まだ5回かそこらだったそうですが、もうそこからは早く帰りたくて仕方なかったそうです。

試合後、彼が「うちくる?」と誘ってきたそうです。

エイコさんも実はちゃっかり勝負下着を着けていたそうですが、光の速さで、「明日朝早いんでごめんなさい」と帰路に向かったそうです(笑)。